知識も教養身につく「TED」で英語を学び尽くすためのまとめ

ted-top-image
あとで読みたい方: このエントリーをはてなブックマークに追加

「TED(デッド)」もしくは「TED talks(テッドトークス)」は、ご存知でしょうか。
って聞くまでもなく、多くの方がもうご存知ですね(^^;

今では、毎年「TEDxTokyo」や「TEDxOsaka」などなど日本国内でもTEDの姉妹イベントが頻繁に行われていますし。
(ちなみに、TED(テッド)とTEDx(テデックス)は厳密には違うそうですが。)

ということで、TEDをご存知の方は多いと思いますので、説明は省略しますが、念のため一言だけ説明しておくと。
有名人・著名人・科学者・経済学者・主婦その他など、様々な方が、世界をより良くする「素晴らしいアイデア」をプレゼン(トーク)という形でシェアするイベントですね。
(知らない方は、以下に紹介する内容やNHKのTV番組「スーパープレゼンテーション」を見るとすぐにお分かりになるかと。)

・TED動画:Looks aren’t everything. Believe me, I’m a model.

そんな感じで今や世界中で大人気のTEDですが、英語・英会話学習にとっても最高の教材だと言われてとても人気が高いです。

理由は沢山あると思いますが・・・。

たとえば、プレゼントークということで、プレゼンターは聴衆・観衆に分かりやすく言葉を届けなければならず、発音もクリアで、そして基本的にゆっくりと話してくださる場合が多いです。
なので、ハリウッド映画ようなネイティブスピーカー同士のスラング混じりの早口トークとは違って、リスニングが苦手な方でもがんばればちゃんと聞き取れるプレゼンがとても多く「リスニングトレーニング教材として優れている」というところが、英語学習に人気がある理由の一つ。

(ちなみに、「映画で英語を学ぶ」というのは、どちらかというと上級者向けです^^; 映画のセリフなどは難しい言い回しやスラングなどがたっぷりなので、英語学習の初心者さんにはあまりオススメできません。)

他には、プレゼン内容が非常に面白く、「教養としてもためになるものが多い」ということですね。

英語を学ぶのではなく、「英語で学ぶ」ができるのがTEDの最大の良さだと思います。

さらに、もう一つは、「プレゼンやスピーチの仕方」が学べるという点です。

日本人は、自己PRやスピーチ、プレゼンが苦手だとよく言われますが、アメリカはプレゼン大国なので、
小さい頃から「意見を伝える」事を徹底的に教えられています。
そんな社会の中にあって、さらにプレゼンの上手な人達がTEDでプレゼントークを繰り広げます。

  • 語彙の選び方
  • ストーリー構成(起承転結)
  • ボディーランゲージ(身振り手振り)
  • スライドの作り方

など
どのTED Talkもプレゼンのお手本になるようなものばかりなので、プレゼン学習やプレゼンのコツを掴むにはこれ以上ないテキスト(教材)といえます。

AmazonなんかでもTEDを使ったプレゼン上達テキストが結構あったりしますしね(^^;
ted-presentation-book
TED 驚異のプレゼン 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則 とか。

まとめると・・・。

  1. 英語の発音・リスニングのトレーニングにちょうど良い。
  2. 教養としてためになる内容が多く、面白い。
  3. プレゼンやスピーチのトレーニングにもなる。

というあたりが人気の秘密ということになります。

TEDを使った学習方法と言っても色々とあります。

高校の英語の教科書はクラスのみんな同じものだったにも関わらず、一人ひとり勉強方法は違いましたよね。
教科書の単元の英単語から覚える人、繰り返し音読する人、全部丁寧に和訳する人。
どれが良い悪いではなく、素材に対する学習方法は人それぞれです。

英語学中級者以上の方なら、言われなくとも「自分のやり方でやります。」という感じだとおもますが、
初心者のために一応、すこしだけ学習例を挙げてみます。

ということで、リスニング力アップという意味で少しガイドラインを。

  1. TED動画(Youtubeでもアプリでも)から興味のあるトークをチョイスして、英語字幕・日本語字幕など字幕無しで聞いてみる。(1回〜数回)
  2. 英語字幕を見ながら何度か聞いてみる。(1回〜数回)→この時点で単語や文法レベルが自分には高すぎると思ったら別の動画を探す。
  3. プレゼン全体の意味が理解できたら、もう一度字幕無し意味を考えながら聞いてみる。
  4. 1−3で内容理解が出来なかったり、内容にイマイチ自身が持てない場合、日本語字幕で見て確認をする。

あとは、これなん!などの英単語カードアプリを使って、分からなかった英語を登録していつでも英単語を暗記。

できれば、英語で聞いて英語で理解する習慣をつけるために、日本語字幕は最後の確認やチェック程度に止めて置くことがオススメですかね。
もちろん、英語字幕を一つ一つ訳して、精読するのも効果的ですが。

ちなみに、何度かTEDを聞いている内に、自分は「英語の音」そのものが聞き取れていないのか、音がわかるけど英単語や文法が分からないのか、
話すスピードについて行けないのか、どこが苦手なのかわかってくると思います。

例えば、自分は音そのものの聞き取りが苦手だとわかってくると、下で紹介するディクテーションというトレーニングを取り入れると効果的です。
音じゃなくて、単語や文法で引っかかってると思ったら、下に出てくるアプリで単語を一つ一つ保存して覚えるといいかもしれません。

ということで、学習方法は人それぞれなのですが、学習を支えてくれる良いツールがたくさんあるので見ていきましょう!

superpresentation-top-image

現在、毎週一度(今は毎週水曜日深夜)に「NHK Eテレ」でスーパープレゼンテーションと題した番組で厳選された興味深いTEDトークが放送されています。

番組を録画して、何回も聴きこんでリスニングトレーニングを行うのもいいですね。
スーパープレゼンテーションは、基本的には普通のNHK番組ですので当然ですが、日本語字幕が付いています。
ですので、日本語の字幕ははじめは見ないようにして、何度もリスニングしたり、ディクテーション(聞き取った英単語や書き出していくこと)を行ったりすると効果的です。

ただ、この方法だと、聞き取った英単語や文章が合っているかどうか不安な場合、日本語字幕の意味からある程度推測するしかなかったります。

そこで、さらに良いのが・・・。

スーパープレゼンテーションの番組公式サイトがあるのはご存知でしょうか?

その番組公式サイトでは、なんと毎週のプレゼン動画がサイトにアップされていて、いつでも視聴できます。
さらにスクリプト(プレゼン英語全文)が一緒に掲載されています(印刷も出来ます)。

ですので、TVで録画しなくても公式サイトを使えば、日本語字幕付き動画でリスニングやディクテーションを行って英語学習が行えます。
スクリプトも付いているのでリスニングやディクテーションの答え合わせもできますしね。
またプリントアウト(印刷)したりWEB上でスクリプトを読むだけでも、多読練習にもなり、リーディングトレーニングにも効果的ですしね。

PCからアクセスした公式サイトはこのような感じです。
上にTEDムービーがあり、下にスクリプトがありますね(^^)
super-presentation-nhk

スマホ専用サイトはありませんので、スマホ(iPhone/Android)やタブレット(iPad)でも、同じように見ることができます。
ただ、スマホで見ると少し見づらいかもしれませんので、どちらかというとPCからのご利用がオススメですね。

スーパープレゼンテーション公式サイト

結局、巷には「TEDでの英語学習法」や「TEDで英会話トレーニング」的な話はたくさんありますが、TEDを使った英語学習としては無料かつ日本語字幕と英語スクリプトも充実している「スーパープレゼンテーション」がオススメです。

が、スーパープレゼンテーションはやはり週一での番組配信であるため、本当に英語・英会話上達を目指したい方にとっては少々トレーニング不足というか勉強量としてはちょっと足りないかなと思います。

多読・多聴と良く言われますが、やはりたくさん聞いたら聞いた分だけ英語は上達しますし、沢山読んだら読んだ分だけ上達します。
TOEIC600点とか700点以上くらいの方や、TOEIC卒業レベルの方などは、できればもっと沢山英語を聴きこんだり読み込んだりしたいのではないかと思います。

そこで、オススメなのが、スマホアプリを使ったTEDで英語学習法です。

TED公式アプリ
ted-official-icon

TEDの公式無料アプリです。

これまでの膨大な数の良質なTEDプレゼンのほぼすべてを視聴することができる唯一無二のアプリです。

ただ基本的にはこの公式アプリは、あくまでもTED Talks(TEDプレゼン)をより多くの方に視聴して楽しんでもらうためのアプリであって、「英語学習」は主眼にはありません。
ですので、字幕も英語字幕しかないものも多いです。
日本語字幕がついている動画はかなり少なく、探すのも苦労するかと(^^;
また、動画字幕はありますが、スクリプト(文章を書き起こしたもの)は、ついていません。

TOEIC卒業レベルで、日常的に英語でCNNやBBCニュースを聞いたりしてトレーニングしている英語学習の上級者にはオススメです。
(ニュースよりもTED Talkの方が楽しい話題が多いのと、聴きやすいので。)

iPhone版 | Android版

TED AudioBooks
ted-audio-books-icon

膨大なTED Talks(TEDプレゼン)の中から英語学習に最適なTED動画を日本語字幕付きで視聴することができます。
また、スーパープレゼンテーションの公式サイトにあったような「スクリプト」も付いていて、英単語の学習や暗記用に辞書機能や単語登録機能なども付いています。
音声のダウンロードもできるので、オフラインでもリスニングができます。

Android版が無いのが残念ですが、リリースを期待しましょう。

iPhone版 | Android版(未発売)

TEDICT – TEDで英語を習おう
tedict-icon

TEDを使った「ティクテーショントレーニング」ができるアプリです。
英語学習を長く続けている方は、説明不要でご存知だと思いますが、リスニングトレーニングって単純に漫然と聞いていたり、聞き流していたり(よく聞くフレーズですね)していても、英語は上達しません。
特に初心者の方の場合、英単語の意味や英文法が分からない以上に、そもそも「英語の音」が聞き取れていない可能性が高いです。
そういう方が、「英語の音」と「文字」を頭の中でリンクさせるトレーニングとしてディクテーションは有効です。

また、倍速再生なども付いていいるので、早口でも「英語の音」を聞き取るトレーニングを徹底的にできます。

楽しい・ためになるTED動画を見ながらディクテーショントレーニングを行ってみたい方にはオススメのアプリです。

iPhone版 | Android版

TEDiSUB
ted-i-sub-icon

以前から非常に人気の高いTEDの字幕アプリです。
TEDの字幕アプリといえばコレですね。
日本語と英語字幕を並べて表示したり、操作性の高さが人気の秘密。
ちなみに、このアプリは英語学習者の間で人気ですが、それだけでなくスーパープレゼンテーションだけでは物足りないというTEDファンが日本語字幕でTEDを楽しむためにダウンロードしています。

何度も言うように、スーパープレゼンテーションは週一配信というのと、少し古めのTED Talksが多いので、最新のTEDを楽しみたい方でこのアプリを使っている人は多いですね。

iPhone版 | Android版(未発売)

このように、TED動画やNHKのスーパープレゼンテーションは無料でとても優れた英語・英会話教材であるのは確かなのですが。

TOEIC500〜600点未満くらいの方や、英文が難しくて全然ついて行けないです、って方もおられるかと思います。
そういう方は、どちらかというと「英語力の基礎」がまだまだ足りていないので、決して背伸びをせずに英語の基礎をしっかりと身体に染み込ませてからTEDに取り組みんだほうが良いと思います。
周りの雰囲気や「TED聞いてる」なんていう外見にこだわっては行けません、ちょっと気恥ずかしくてもまずは英語の基礎からスタートしたほうが、100倍速く英語が上達します。

ハリウッド映画を字幕無しで何百回と視聴しようが中々、英会話ができるようにならないのと同じです。
先に、必ず基礎固めを。

※こちらの過去記事など参考までに
英語の基礎を固めるスマホアプリ など。

ちょっと歯ごたえはあるけど、何とか英文は分かる、ゆっくりなら分かる、単語の7割位は知っているかな、と言う感じの方でしたらTEDでの英語学習にちょうど適しているのではないかと思います。

正直英語の勉強そっちのけで、日本語字幕でボーッとみていても非常に勉強になるプレゼンばかりです。
是非、TEDで教養力・ビジネス力・英語力を同時に高めて行ってみましょう!

大きな知恵・勇気・生きる力をいただける、心に残るTED Talkに出会えるといいですね(^^)

よければシェアもお願いします(^^)!
Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア LINEでフォロー
このエントリーをはてなブックマークに追加